読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【インド】4日目★バラナシでの出逢い

今日はオーロラ見れるかなー…現在地はアイスランド!!!

****************************************************************************************************

2017年1月17日(火)インドのバラナシで一日過ごします!

 

朝起きると、体調が回復してるー!!
宿の朝ごはんを食べて、それからお洗濯して午前中を過ごします。

午後からはバラナシにきた目的である、ガンガー(ガンジス河)に!

その前に、宿のみんなでランチを食べに行きました。
おっちゃんの笑顔がまぶしい、JOITY cafe。

f:id:gachajin:20170126062548j:plain
チキンカレーとナン。130ルピー(約200円)

f:id:gachajin:20170126042823j:image

 インドに来て最初で最後のカレー!美味しかった!!


みんなと別れ、一人でガンガーに向かいます。


街の写真を撮りながら…
出逢ったのが彼、ジョイクン。

f:id:gachajin:20170126062842j:plain


彼との出逢いが、また、色々考えるきっかけになるのですが、それは後ほど。

すごい日本語上手で、どこ行くの?と話しかけてきます。
わたし『ガンガーいきたいの!』
ジョイクン『ガンガーはこういってこう!右の火葬場はおーけーだけど、左は薪代って言ってお金取られるから気をつけて!』と。
わたしが、えっ?こういってどうだって?と言ってると、
『おーけー!案内してあげるからついてきて!』
と言います。

あっこれお金取られるやつ!と思って、
『大丈夫!大丈夫!自分で行けるから!』
と言うと、
『お金取らないから大丈夫!フリーだから』
と言って、結局火葬場まで案内してくれることに。

 

一番有名なガート。ダッシュワメードガート。
本当に沐浴してる人が、たくさんいる。

f:id:gachajin:20170126063032j:plain


おびただしい、洗濯物の数々。

f:id:gachajin:20170126063357j:plain

f:id:gachajin:20170129042920j:plain


写真は撮っちゃダメだから、無いけど、火葬場まで到着。

火葬は家族総出でやるんだって。
歌いながら遺体を担いだ人たちが降りてきます。
そのまま、ガンガーに。身を清めるんだって。
ガンガーはすべての罪を洗い流すから。
そして薪をくべて、火葬のスタート。

子供の遺体も見ました。
子供は、焼かずに、石の重りをつけてガンガーに沈めます。
子供は華だから焼かないんだって。

火葬場は全然こわくないです。すごく不思議な気持ち。

身を清めたり、身体を洗ったり、洗濯をしたり、死体を沈めたり。
すべての生と死が、この場所につまっている。
そんな場所、ガンガー。
わたしは、その景色は何よりもキレイな景色に見えました。
バラナシが世界で一番美しい場所なんじゃないかって。


ジョイクンがインドの色んな話を教えてくれます。

それから、夜にお祭があるから、それまでゆっくりしよう!と、
ジョイクンの友達のお店に行きました。

シルクとかTシャツとかを売ってる。
別に欲しくなかったら買わなくていいから。
と、まったく売りつけられる気配もなく。
そこにいるジョイクンのお兄ちゃんや友達とみんなで、ゆったりチャイを飲んで夜を待ちます。

f:id:gachajin:20170126064053j:plain

あと、この間にATM行きたい!ラッシー飲みたい!喉痛いから薬買いたい!という
私の要望に、ジョイクンは全部快くアテンドしてくれました。
ラッシーは35ルピー
インドの薬は2日分で41ルピー
(この薬が本当に効果抜群!やはり薬は現地に限る!)
全部まともな現地価格。

 

18:30、お祭のスタート。ガンガーに戻ります。

f:id:gachajin:20170126063745j:plain

f:id:gachajin:20170126063827j:plain

このお祭りは観光用のものなんだって。
ここには、外国人だけじゃなく、インド国内からも人がたくさん集まるから。


その後、19:30くらいから、ジョイクンと一緒にご飯食べよー!と。
ジョイクンと友達3人と、ジョイクンたちのお店の屋上みたいなとこで皆で飲みます。
買ってきてくれたタンドリーチキンとビール。200ルピー。
暗くて写真ないけど、タンドリーチキンすごい美味しかった!!


みんなで冗談言い合いながら、お酒飲みます。
インド人は冗談が好き。
楽しいー。けど、夜21時くらいにハッと不安がよぎります。

あれ?わたしここで日本人一人で飲んでて大丈夫なのか?と…
もう暗いし、周りインド人男性だけだし…

『ジョイクン!もう帰る!』と言うと、
ジョイクンが
『おーけー!宿まで送ってくから〜』と言って、そのまま宿まで案内してくれました。

そして、次の日はサンライズが見たいと言うと、
『宿のボートツアーは高いから、現地の紹介してあげる。』とジョイクン。
6:20にガンガー集合!と言って、バイバイします。


むむー?普通に良い人にしか思えない。
正直、まだ少しだけ警戒してたのですが、
すごく良い人だし、何よりジョイクンのおかげですごく楽しい1日を過ごせたのでした。


が…翌日、このジョイクンへの信用を揺るがす事件が起きるのです。

 

つづく…

 

****************************************************************************************************

ランキングに参加しています!

こちら、応援のぽちっとお願いします! 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村